紙と日本人

紙と日本人

から まで

かつて渋谷区で行われていた「紙すき」を紹介するとともに、現存する最古の印刷物といわれる天平時代の「陀羅尼」から、江戸時代に紙で制作された服「紙布」、革そっくりに作られた紙「偽革紙」など、日本人の知恵と技術が詰まった和紙を紹介します。

企画展情報

開催期間
から まで
入館料
一般:100円(80円)/ 小中学生:50円(40円)
※()内は10名以上の団体料金
※60歳以上の人、障がいのある人と付き添いの人は無料

チラシ

チラシ
特別展・企画展チラシ¥紙と日本人.pdf

HOME > 企画展 > 2020年度 > 紙と日本人